KIWI SOUND WORKS
カンパニー紹介

メニュー


Twitter

@kiwi_soundさんのツイート

Facebook

キーウィ サウンドワークス

キーウィ サウンドワークスとは

 キーウィ サウンドワークスは、舞台音響、音響効果に関すること、特に、演劇、踊り、音楽などのパフォーミングアーツの、音に関するスタッフワークについて、

 より良い表現を
 よりご安心いただける内容で

 実現させるために、2010年6月に結成されたカンパニーです。

 キーウィは、伝説によると神様の要請によって地上に降りて、森を守った鳥で、すばやく走り回り、きれいな声で鳴きます。私たちもこの鳥のように、快く幅広い依頼を引き受け、すばらしい成果を上げ、軽いフットワークで、「いい音」を届けることを目指し、この鳥の名前を頂きました。

 仙台で、主に、演劇、踊り、合唱、バンドの公演:ライヴの音響や、様々なライヴ:スタジオ録音、製作のお仕事を承っています。お気軽にお問い合わせください。

所在地

〒980-0873
宮城県仙台市青葉区広瀬町2-21ハイツ菅原102号室

Twitter@kiwi_sound
Facebookページ キーウィ サウンドワークス
info[アットマーク]kiwisoundworks.com

FAX FAX番号

お問い合わせはこちらからどうぞ

代表 本儀拓

日本音響家協会認定 2級音響技術者
日本劇場技術者連盟認定 第1種劇場技術者

東京都出身
1999年 東北大学入学。以来仙台在住。
2002年ごろから在仙劇団の音響を手がけるようになる。
その後、徐々に音響業が多忙になり、東北大学を中退。
2004年(有)舞台監督工房と出会い、仙台演劇工房10-BOXの管理に携わるようになる。
2007年から仙台市市民活動サポートセンター市民活動シアターの管理に携わる。
2008年からバンド録音を手がけるようになる。

携わった主な作品

2015年9月NPO法人アートワークショップすんぷちょ2015公演 『ぶこきがアンサンブル』
2015,2016年えずこシアター第18回演劇公演 『牡丹燈籠』 作 三遊亭円朝 演出 倉品淳子(山の手事情社) 仙台、韓国光州公演
2015年2,3,5月CREATIO ATELIER THEATRICAL act.01『蛙昇天』仙台公演 作 木下順二、 演出 長塚圭史 仙台、新潟、仙台再演 音響部チーフ
2014年11月未来.Co 第3回公演『月を運ぶ』構成・演出・振付 磯島未来/td>
2014年5月SPIC×RoMT(せんだい舞台芸術復興支援センター×青年団リンクRoMT) 『ゴーストシティ』
2013年3月ままごと『朝がある 弾き語りツアー』作・演出・音楽 柴幸男 仙台公演システムプラン
2012年9月『楠原竜也 × KONTA 』えずこホール
2012年8月劇団ひまわり『コルチャック先生と子どもたち』 仙台公演 脚本 いずみ凛、演出 渡部ギュウ
2010,2011年三角フラスコ#35 + yumbo 『これが現実だ』仙台、大阪公演 作 演出:生田恵、 音楽:澁谷浩次
2011年9月SENDAI座☆プロジェクト『十二人の怒れる男』仙台、中津川、尼崎、鶴岡、気仙沼公演 新翻訳:宮島春彦/演出:伊藤み弥
2010年3月三角フラスコ『ことりとアサガオ』
2005~2009年Ballet Company ~demain~ 今までの全ての本公演
2009年12月劇団無国籍『環状パララックス』
2009年1月office-overプレゼンツ"INDEPENDENT"in 仙台
他多数